はがねブログ

全力で労働から逃げたい!でも宝クジは絶対買わない!そんなヤツのブログ。

スポンサーリンク

【ブルゾンちえみゲーム】大流行間違い無し!

こんばんわ、はがねです。

 

キャリアウーマンネタで話題沸騰中のブルゾンちえみ

個人的には脇を固める"with B"がツボである。

 

今回はこの『ブルゾンちえみ with B』を題材にしたゲームを紹介したい。

 

せんだみつおゲームに始まり、斎藤さんゲームなんてのも流行した。

そして今年間違いなく流行るのが”ブルゾンちえみゲーム”である。

 

最低必要人数は3人(4人以上推奨)、参加者で輪を作れば準備完了!

このゲームにはベーシックプロフェッショナルという2つの難易度が存在する。

まずが基本となるベーシックのルールを紹介しよう。

 

①ジャンケンで勝った1人が指を鳴らし誰かを使命。

②使命された人の向かって右側が「ディスティニー!」

使命された人の向かって左側が「イリュージョン!」

④真ん中の人が髪をかき上げ「ブルゾンちえみ」

⑤両サイドが「with B!」と言いながら三人でポーズ。

⑥ブルゾンちえみポジションの人が指を鳴らし、次のちえみを使命。

 

以上を繰り返し、詰まったりミスをしたら負けという単純明快なルールである。

 

■withBのセリフについては、公式で使用頻度の高いセリフを使うと雰囲気が出るぞ。

例:

「ディスティニー」✕「イリュージョン」

「スカイ」✕「オーシャン」

「ビューティフル」✕「マインド」

「ハピ」✕「ネス」

「ビター」✕「スウィート」

 

 

 

そんな型にはまった展開では面白くないという、そこのアナタ!

ぜひプロフェッショナルにチャレンジしてみて欲しい。

 

この上級者向けルールではwithBのセリフをアドリブで考えなければならない。

横文字かつそれぞれが関連を持ったワードという制約もある。

(雰囲気的に関連してそうだったら、その場のノリでOK)

 

合コンや飲み会でノリでやるゲームと侮るなかれ!

反射神経、英単語のボキャブラリーが必要となる大変知的なゲームなのだ!

 

歓送迎会シーズンもすぐそこに迫っている。

その際にはぜひブルゾンちえみゲームで盛り上がって欲しい。

 

(この内容は筆者の妄想です。)